コンディションクリニックとは

技術のレベルアップを目指すには、まずは基礎体力を知る。

image

基礎体力はあらゆるスポーツにおいて、ベースとなる重要なポイントです。しかし、その効果はカタチとして表面化されにくいため、軽視されることもしばしば。
そこでゼットは基礎体力を数値化し、比較・検証できる「身体能力測定・評価システム」を構築しました。

どんなにいいトレーニングメニュー・練習メソッドを知っていても、どんなにいいサプリメントを買っても、「そこへ取り組む高い意識」がないと成果は上がりません。
測定をきっかけに選手の気持ちに火がつくような関わりをゼットとしては目指し、日々実践しています。

より高いパフォーマンスを実現するために、ZETTができること

image

脚が速い、肩が強いなど、選手たちの個性は様々です。しかし筋力や柔軟性など、自分たちの基礎能力を知り、本当に必要なトレーニングがわかればもっと個性が伸ばせるはず。「ZETT Condition Clinic」では、選手の能力を詳細に示す「身体能力測定・評価システム」と体力を向上させる「ベースボールカーツ」、選手の能力を引き出す野球用具「ZETT BASEBALL」、栄養面で身体づくりをお手伝いする「栄養講習」の三つの柱で、パフォーマンス向上のプログラムをご提案します。

プログラムの流れ

能力を数値化することで、「何を」「どれくらい」やれば良いかが明確になります。そこからPDCAサイクルの実践に繋げていくことが、大きな成果を上げるポイントになると考えます。

  1. Plan(計画)

    4月
    基礎体力を測定し、現状を把握。今後のプログラムを考える。
    実施
    プログラム
    身体能力測定・評価システム
  2. Do(実行)

    4月〜9月
    プログラムの実践。ウィークポイントを重点的に鍛える。
    実施
    プログラム
    image栄養講習
  3. Check(確認・検証)

    10月
    基礎体力を測定し、プログラム実践の効果を確認・検証する。
    実施
    プログラム
    身体能力測定・評価システム
  4. Action(改善)

    10月〜3月
    検証の結果を受け、プログラム内容を強化し、実践する。
    実施
    プログラム
    image栄養講習
  5. 1年間のプログラムを経て、
    次年度はさらなるレベルアップを図ります